NEWS

厚生労働大臣認定の「錠施工」社内検定受検資格が変更されました。

更新日:2013/04/10

この社内検定受検資格の見直しを進めておりましたが、今までより多くの組合員が受検し易い環境にするよう、この度社内検定受検資格を変更する事と致しました。
新たな受検資格により3級から受検した場合には能力を早期に見極め、上位の受検資格を与える事で今までよりも早く上を目指せる様に緩和する事となりました。

 


<変更前受検資格>

検定の受検資格は、日本ロックセキュリティ協同組合の組合員とその組合員が雇用する労働者のうち、組合が行う「倫理講習」、「錠前基本用語講習」並びに「錠施工基礎講習」を受講した者で、各等級に応じて次表のとおりとする。 

職種名 等級 受検資格
錠施工 1級 当該職種に10年以上従事した者
錠施工 2級 当該職種に5年以上従事した者
錠施工 3級 当該職種に2年以上従事した者

 


<変更後受検資格>

検定の受検資格は、日本ロックセキュリティ協同組合の組合員とその組合員が雇用する労働者のうち、組合が行う「倫理講習」、「錠取扱基本用語講習」並びに「錠施工基礎講習」を受講した者で、各等級に応じて次表のとおりとする。

職種名 等級 受検資格
錠施工 1級 ①当該職種に10年以上従事した者
②2級取得後2年以上経過した者
③3級取得後5年以上経過した者
錠施工 2級

①当該職種に 5年以上従事した者
②3級取得後1年以上経過した者

錠施工 3級 当該職種に 2年以上従事した者

※受検資格は各級とも、いずれかに該当するものとする。

 

<変更日>
  平成25年4月1日

statistics coursework