union

情報広場

警察庁 平成27年の犯罪情勢

侵入窃盗の現状

防犯チラシ

防犯チェック

知っているようで知らない犯罪の手口

ロックの日

よくある質問

 

 


警察庁 平成27年の犯罪情勢

平成27年の犯罪情勢が警察庁ホームページに公開されています。侵入犯罪以外の各種刑法犯に関する統計も多数掲載されていますのでご自身の防犯対策の為にも是非ご一読ください。

平成27年の犯罪情勢

侵入窃盗の現状

侵入窃盗の発生場所別認知件数
(出展:警察庁)

平成14年、刑法犯認知件数が戦後最悪の285万3,739件を記録しましたが、平成15年からは「特殊解錠用具の所持の禁止等に関する法律」(通称ピッキング法)の施行により、開錠工具の取締りや、「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」の試験に合格した防犯建物部品の施工により減少に転じ、平成27年は109万8,969件と13年連続で減少し、戦後最少となっております。また、侵入窃盗の認知件数も、平成15年以降減少に転じ、平成27年は86,373件、前年比-7.7%と13年連続で減少しています。このうち住宅対象侵入窃盗は、平成16年以降減少しており、平成27年は46,091件で前年比-4.2%と、同じく連続して減少しています。
しかしながら、一日当たり約126件もの住宅に対する侵入窃盗が発生しており、未だ多くの住宅が被害に遭っているのです。

侵入窃盗認知件数の推移 侵入窃盗の手口別認知件数

日本ロックセキュリティ協同組合としては、侵入窃盗が無くなった訳ではなく、マスコミなどが窃盗事件を報道する比率が少なくなってニュースや新聞、週刊誌等で目にする機会が減っているだけなので、被害を未然に防ぐよう全国の組合員を通して防犯啓発を行っています。

ページのトップへ戻る


防犯チラシ

日本ロックセキュリティ協同組合では(公財)日工組社会安全研究財団の協力をいただき、防犯ちらしを毎年作成し、6月9日のロックのや秋の全国地域安全運動等で配布しております。

chirashibouhan12 chirashibouhan12_1

ページのトップへ戻る


防犯チェック

【戸建住宅】

玄関ドア

check11check12  

■鍵穴はノブと別にありますか?

ノブの中心に鍵穴がある錠は破壊や開錠に弱いので鍵穴とノブが別の錠に交換しましょう。
さらに防犯性を高める為に、補助錠を取り付けて1ドア2ロックにしましょう。

■ドアとドアの隙間から閂(かんぬき)は見えていますか?

隙間から閂が見えていると、バール等でこじ開けられる可能性があるので、
隙間を隠す「ガードプレート」を取りつけましょう。

■ドアには2つ以上の鍵がかかりますか?

錠が2つ以上ついていれば、侵入に要する時間も2倍以上かかります。
泥棒は侵入に手間のかかる家を嫌がりますので、「1ドア2ロック」を心がけましょう。
賃貸住宅の場合は管理会社や大家さんに相談しましょう。

■丁番は3つついていますか?

丁番を壊されるとドアが外れてしまいますので、丁番は3か所につけましょう。
外開きのドアは丁番が室外側に露出しており、泥棒に攻撃されやすいので、
ドアボスをつけましょう。丁番は軸心が抜けないものを使用しましょう。

■ドアに郵便受けがありますか?

ドアに郵便受けがある場合は、郵便物差し入れ口から手を差し込まれたり、
郵便箱を外されてサムターン回しの被害に遭うので、手が届かない位置に
サムターンがあるか確認しましょう。また、室内を覗かれないように蓋が
付いているか確認しましょう。

■ドアチェーンはありますか?

来訪者にはドアチェーンを掛けた状態で応対しましょう。
また、ドアチェーンは切断される場合もありますので、フック状のドアガードに
交換しましょう。付いてない場合は早めに取り付ける事をお薦めします。

■ドアスコープはありますか?

ドアスコープとは、ドアを開けずに来訪者を確認できる広角レンズです。
宅配業者や勧誘業者を装う不審者も多くいます。来訪者には「どちら様ですか?」
と聞いて確認しても、不安がありますので、ドアスコープを付けて確認した後に
応対する事をお薦めします。

■門灯はありますか?

夜間は玄関廻りを明るくして不審者の侵入を警戒しましょう。

 

掃き出し窓check7check8

■引き違いサッシにはクレセント
(レバーを回転し、掛け金をフックに掛ける形で
2枚の窓を固定する締り金具)以外に補助錠がついていますか?

引き違いサッシの召合わせ部分にはクレセントが付いています。
しかし、クレセントは部屋の気密性を高めるための締まり金物で、錠ではありません。
ガラスを破壊して手を差し込み、クレセントを外す手口が多く、
クレセントだけでは高い防犯性は望めません。侵入されやすい箇所には補助錠の設置を
お勧めします。補助錠はクレセントから離れた位置、しかも作業しにくい上または、
下に付けます。

■窓の近くに庭木や塀がありますか?

庭木が茂り過ぎていたり、塀が高く見通しが悪いのは泥棒が隠れる場所になり、
危険ですので外から見える状態にすることをお薦めします。

■掃き出し窓に、雨戸やシャッターはついていますか?

窓の中でも一番狙われやすいのが掃き出し窓です。
雨戸・シャッターなどを付けて
おくことをお薦めします。敷居が木製の場合は、ドライバーやバールなどで雨戸を
外されやすいので、『外れ止め』用の金具を付けましょう。
雨戸を閉めた時は雨戸に
付いている上下の錠(サルまたは止め金具ともいいます)を必ず掛けて下さい。
シャッターの場合、後付けにするなら上げ下げ式開閉タイプでスラット
(シャッターの戸の部分)を下ろすと自動的に施錠される構造のものをお薦めします。

■破壊に強いガラスを使っていますか?

窓からの侵入手口は、ドライバーやバール等でガラスを割る「打ち破り」、
サッシ枠とガラスの隙間をドライバーでこじる「こじ破り」等、いずれもガラスを
破壊する手口です。対策として複層ガラスに金属膜を入れた
防犯ガラスをお薦めします。

 

門扉や塀check9

■門扉の錠は外から手の届かない位置にありますか?

門扉の錠は、外からは手の届かない位置につけましょう。

■塀の見通しはいいですか?

見通しが悪いと敷地内に侵入した不審者を発見できません。 庭の木々も茂り過ぎると
周囲からの見通しを妨げますので見通しが良くなるように心掛けましょう。

■塀は柵やフェンスとなっていますか?

隣家との間にある塀などは、2階への足場になってしまう場合があります。
柵やフェンスなどを設置して簡単に敷地内に入れないようにしましょう。

 

トイレ・浴室や高いところの窓

■窓の位置は見通しのいいところにありますか?

泥棒は見通しの悪いところから侵入します。窓のサイズが小さかったり、
位置が高かったりすると防犯に対する配慮がおろそかになりがちです。
高窓にも補助錠をつけて、ほんのちょっとの外出でもカギを掛けるように
心掛けましょう。

■窓には面格子等がついていますか?

「面格子を付けているから大丈夫」という油断は禁物です。
ものによっては簡単に外されてしまいます。例えば、既製のアルミ面格子は、
多くがリベットまたはビス止めなので、強く引っ張ると簡単に外れます。
また外付けの場合にはドライバーで取付けネジを外されてしまいます。
面格子破りを防止するには、次の点を注意しましょう。

(1)取付けにはできるだけ長いネジを使用し、下地材にしっかり固定する。

(2)ネジ止めによる外付けの場合には、ネジの頭をつぶし、接着剤などで固定する。

■破壊に強いガラスを使っていますか?

窓からの侵入手口は、ドライバーやバール等でガラスを割る「打ち破り」、サッシ枠と
ガラスの隙間をドライバーでこじる「こじ破り」等、いずれもガラスを破壊する手口です。
対策として複層ガラスに金属膜を入れた防犯ガラスをお薦めします。

 

二階の窓と バルコニー

check10

■足場になるものは周りにないですか?

2階だからといって安心はできません。泥棒はいろいろなものを足場にして
侵入してきます。以下の項目をチェックしてみましょう。

□ 出窓の屋根・ひさし
□ バルコニーの支柱
□ 塀
□ 雨樋
□ 物置き
□ 給排水管
□ 駐車場の屋根
□ エアコンの室外機
□ 背の高い樹木泥棒はどんなものでも足場にします。
2階の窓にも補助錠を取り付けるようにしましょう。

■バルコニーの腰壁は、見通しがいいですか?

バルコニーの腰壁は、身を隠すことができない格子状のものが理想的です。
荷物などでも隠れないように、見通しが良くなることを心掛けましょう。

 

台所等1階のドア

■1階の玄関以外のドアは見通しのよいところにありますか?

玄関にくらべると防犯に対する配慮がおろそかになりがちなため、
下記の内容をチェックして下さい。

□ 鍵穴はどこに付いていますか?□ すき間から閂(かんぬき)が見えていませんか?
□ 補助錠が付いていますか?
□ 丁番(ちょうつがい)はいくつ付いていますか?
□ 郵便受けは手を差し込めない大きさですか?
□ ドアの材質は丈夫な材質ですか?
□ ドアチェーンなどが付いていますか?
□ ドアスコープは付いていますか?
□ 門灯は付いていますか?

しっかりチェックして玄関と同様の設備を取り付けて下さい。

 

駐車場・車庫

■駐車場や車庫は周囲から見通しのよい位置にありますか?

車の盗難、住宅への侵入を防ぐため、見通しの良い環境を心掛けましょう。

■駐車場や車庫の屋根が、上階の窓への足場になっていませんか?

泥棒はどんなものでも足場にします。駐車場や車庫がバルコニーや2階へ上がる
足場になる場合があるので、設置場所に注意しましょう。

 

物置きや 室外機、庭

■庭木は剪定していますか?

庭木が茂りすぎると見通しが悪くなり、敷地内に侵入した不審者を発見できなくなるので、庭木は剪定しましょう。

■物置きや室外機が上階の窓への足場になっていませんか?

泥棒はどんなものでも足場にします。物置きやエアコンなどの室外機がバルコニーや2
階へ上がる足場になる場合があるので、設置場所に注意しましょう。

 

【集合住宅】

玄関ドアのチェック項目は戸建住宅と同じですが、
共用部分についてはチェックしましょう。

■共用廊下やバルコニーに面する窓等のガラスは破壊に強いガラスですか?

窓からの侵入手口は、ドライバーやバール等でガラスを割る「打ち破り」、
サッシ枠とガラスの隙間をドライバーでこじる「こじ破り」等、いずれもガラスを
破壊する手口です。
対策として複層ガラスに金属膜を入れた防犯ガラスをお薦めします。

■引き違いサッシにはクレセント(レバーを回転し、掛け金をフックに掛ける形で
2枚の窓を固定する締り金具)以外に補助錠がついていますか?

クレセントは錠ではなく締まり金具です。ガラス破りでクレセントを外されて
侵入されるので必ず下框か上框に補助錠を設置して防犯性を高めて下さい。

 

共用玄関

■扉の内外の見通しはいいですか?

見通しが悪いと、侵入した不審者を発見できなくなるので見通しが良くなるように
心掛けましょう。

扉はオートロック(扉が閉まると自動的に施錠する仕組みを持った錠)ですか?

居住者や来訪者以外の人の侵入を抑止することができる設備ですので、
オートロックの導入をお勧めいたします。しかしながらオートロックは完全な防犯では
ありません。居住者と同時に入館する場合がありますので、
見知らぬ方には声掛けをする事が大事です。

■共用玄関以外の共用出入口は自動施錠機能(扉が閉まると自動的に施錠する機能)
付きのオートロック扉ですか?

居住者や来訪者以外の人の侵入を抑止することができ、カギの閉め忘れも防ぐことがで
きますのでオートロック扉をお勧めいたします。共用玄関と同様に、共用出入口の
オートロックも完全な防犯ではありません。居住者と同時に入館する場合がありますので、
見知らぬ方には声掛けをする事が大事です。

 

 

ページのトップへ戻る


知っているようで知らない犯罪の手口

1:ピッキングkiso_1 鍵を使わずに針金状の特殊工具を鍵穴に差し込んで鍵穴を回して錠を解錠する技術です。以前は錠取扱業者の持つ特殊な技術でしたが、その技術が外国人窃盗団に流出しピッキング被害が増大しました。その後、ピッキング対策された高性能シリンダーへの交換が進んだ事により、平成12年をピークに減少傾向にあります。ピッキングに狙われていたシリンダーの出荷量は7,000万個を超えるといわれ、その対策として使用されたと思われる高性能シリンダーはその半数に満たないと言われていますので、まだまだ街中にはピッキングに弱いシリンダーが残っています。
身近なカギをもう一度見直していただく事をお薦めします。

 

2:サムターン回しkiso_2 サムターンとは室内側に付いていて鍵を使わずに施解錠する為のつまみの事です。サムターン回しは大きく分けて2通りのタイプがあり、一つは戸先側や郵便物投入口など既に空いている隙間から解錠する方法、もう一つは鍵穴の近くにドライバーやドリルなどの工具を使用して穴を開けて解錠する方法に分かれます。マンション用軽量扉の中には非常に薄い鋼板を使用していて、簡単に穴が空いてしまう物があります。
そのためピッキング対策が進み、仕事のやりにくくなった窃盗団に狙われてしまい平成15年には4,000件を超える被害を出しました。
特に戸先やドアポストからのサムターン回しは被害にあっても痕跡がわかりにくく、無締まり(カギのかけ忘れ)と分類されてしまってもおかしくないため、注意が必要です。

 

3:カム送り解錠 バイパス解錠とも言われ、特殊な道具を用いて錠シリンダーを迂回して直接錠ケース内部を操作してデッドボルト(かんぬき)を作動させ解錠する手口です。この不正解錠の手口が発見され、警察庁より平成14年に発表された時にはピッキング・サムターン回しに続く、第三の手口として大きな反響を呼びましたが、警察庁及び日本ロック工業会の素早い対策が功を奏し、現在までのところ明らかにカム送り解錠とされた侵入窃盗は警察庁に認知されていません。 

4:ドア錠破り
(こじ破り)kiso_3
ドア戸先側の隙間などにバールを差し込み、デッドボルト(かんぬき)が出たまま強引にこじ開けるなど、ドアと錠を破壊する手口です。
ピッキング・サムターン回し対策のされた錠でも、戸先側から閂(かんぬき)が見える構造の扉であれば手口の対象となるため、戸建住宅と集合住宅に絞っても直近3年間で年平均1,400件以上もの被害が発生しています。
5:無締まりkiso_4 侵入窃盗の侵入手口の中で、ガラス破りと無締まりによる被害が多くなっています。警察庁発表のデータによると、ここ数年来40%以上もの高い水準で無締まり(カギのかけ忘れ)の被害が広がっています。
どんなに強固な防犯対策を取っても鍵を掛けなければその真価は発揮されませんので、ゴミ捨てなどの短時間でも施錠の徹底をして頂きたいと思います。
またその一方でピッキングやサムターン回し等、痕跡の残りにくい手口が無締まりに分類されている可能性も指摘されているため、ピッキングやサムターン回しに対するより一層の防犯対策が必要とされます。

ページのトップへ戻る

ロックの日

組合では国民の皆様がご自宅のカギを通し、家の防犯性能を見直し向上させるきっかけ作りになることを願い、2001年に6月9日を“我が家のカギを見直す「ロックの日」”と定めました。その後、「ロックの日」を浸透させるため、各種PRグッズを作成し組合員店舗に配布してまいりました。
全国47都道府県の支部単位で、「ロックの日」の当日、全国一斉に正午より各支部の組合員が、地域の警察や防犯関係者のご協力をいただき、街頭において『防犯パンフレット』やノベルティグッズなどの配布を行うイベントを実施し、防犯意識の向上とCP錠の普及の必要性を訴えております。

2013年のロックの日についてはイベント内容が決まり次第、皆様にお知らせいたします。

ページのトップへ戻る


よくある質問

1:カギ屋さんによって料金が違うのはなぜですか。
各社それぞれ経営方針が異なり、経営者が料金を決めていますので、独自の料金設定の他に営業時間外の割増や出張費等の違いで料金は違ってきます。事前に数社に見積を依頼してご検討頂き、ご納得された後に工事を依頼されることをお薦めします。
団体が標準料金を作成し価格設定の基準となるものを示すことは、価格制限行為として独占禁止法に触れますので、組合が金額を設定することは行っておりません。

2:組合員とはどういう人たちですか?
鍵の交換、開錠、鍵や建具の修理、販売等を行っている「街のカギ屋さん」です。
組合員は定期的に倫理講習を受講したり、厚生労働省の社内検定制度に認定された組合の「錠施工」技能検定試験に合格した「錠施工技師」が数多くいますので、安心して仕事を依頼できます。
(当組合の行動指針は、警察庁の指導に基づいたものを基本としています。)

3:どんな鍵でも複製はできるのですか?
すべての鍵が店頭で、すぐ複製できるものではありません。店頭で複製できない場合は、ご注文はお請けしますがメーカー手配となる為時間がかかります。また、最近はセキュリティカードとの併用でなければ複製ができない鍵もありますので、詳しくはお近くの組合加盟店にご相談下さい。

4:玄関のカギの抜き差しがスムーズに行きません。カギを取り替えた方がいいですか?
理由の一つに塵や埃の混入と潤滑剤切れが考えられます。掃除機で鍵穴の埃を吸い出し、鍵穴専用の潤滑剤を鍵穴の中に入れて下さい。(市販の潤滑材は動きが悪くなる恐れがありますので、ご使用はお控えください。)鍵自体が汚れている場合はブラシ等で掃除して下さい。鍵穴専用の潤滑剤は、組合オリジナル製品のJLスムーサーを販売中です。組合加盟店よりお求め下さい。それでもスムーズに行かない場合は、お近くの組合加盟店にご相談下さい。

5:家の防犯対策として何をすればいいですか?
一戸建住宅の場合は、玄関や勝手口はCP錠を使った1ドア2ロック、窓にCP認定の面格子と専用補助錠、窓ガラスには防犯フィルムや振動による警報機の取付等をお勧めします。工事内容が同じでも取り付ける製品によって価格が変わりますので、数社に見積を依頼してご検討頂き、ご納得された後に工事を依頼されることをお薦めします。

ページのトップへ戻る