よくある質問

新築の家を購入しカギを渡されましたが、そのカギが工事期間中に使用されたままだと、とても不安です。新しいものに交換してもらうべきでしょうか?

ご購入された新築の一戸建やマンションの玄関キーが、ご心配のように施工中、第三者により知らないうちに複製される可能性が否定できないため、建築中の住戸玄関錠には工事期間中のみ使用できる、コンストラクションキーシステム ( 以下コンスキー ) が採用されているのが一般的です。そのコンスキーシステムとは、建物が完成し施主に引き渡された玄関キー(オーナーキー)を使用すると、工事期間中に建築作業者が使用していたカギが使えなくなるよう、玄関錠のシリンダー(カギ穴部) に特別な細工が施されたキーシステムです。そのコンスキーシステムは、いったん解除してしまうと元には戻らない仕組みになっているため、安心してご使用いただけます。その仕組みですが、コンスキー装置が組み込まれた玄関錠には、シリンダー内部の回転制御パーツ(タンブラー)が総数の約半分程度しか機能しないよう細工されており、オーナーキーを使用した段階でその細工が解除されすべてのタンブラーが機能し、性能を発揮する仕組みになっています。主にカギの先端部側の、抑制されていたタンブラーを動かす機能を持たないコンス専用キーは、オーナーキーより全長が短くなっており、カギ自体に「工事中使用キー」など刻印されているのが特徴的です。

ご心配であれば、販売主に購入された家のカギが建築中、コンスキーで管理されていたかどうかを確認するのもよいでしょう。

 

  • ノムラテック
  • アイホン
ページトップ