防犯コラム

☆ カギ番号のお取扱いにはご注意を!! ☆

 

皆様が毎日、使われているカギをよく見るとメーカー名の刻印以外に、数字やアルファベットの番号が刻印されていますよね!?

メーカーから出荷された純正キーであれば必ず刻印されているカギの製造番号、いわゆるそれがカギ番号(ナンバー) です。その純正キーを基にコピーして造られたスペアキーには、そのオリジナルのカギ番号は通常刻印されません。しかしメーカー純正キーであれば必ずその刻印がされており、その番号に従いメーカーはデータ管理を行っています。よって全国どの地域からでもその番号を示し注文すれば、同じカギが届くシステムになっています。もしその刻印された数字やアルファベットを読み違えてしまい1文字だけ間違って注文したとすれば、絶対に同じカギは納入されません。つまり、その番号さえ正しく伝えてしまえば全国どこにいてもカギの複製はできてしまう、とも言えます。

よって、現在ご使用のカギを以前誰かが使用していた場合、その前の使用者がカギ番号を控えていたり写真に記録しておけぱ、その情報から同じカギを複製することが簡単にできてしまいます。そのような危険を避けるためにも、賃貸住宅の場合は必ず不動産会社または家主に対し入居時にカギを新しく交換してもらう事をお勧めします。そして、不用意にそのカギ番号を他人に見せないことです。

 

ただし、そのカギに刻印された番号をメーカーに注文しても、その番号だけではメーカーでさえカギを製作できない特別な認証システムを採用したカギもあります。そのカギは、カギ番号とは別のID番号がペアになっておりその2つの情報が同時にメーカーに届かないと複製できないシステムになっているからです。既にそのようなシステムを導入しているマンションやアパートであれば、入居者だけでなくオーナー様も毎回交換を気にする必要もなく安心できますね。その別ID番号は専用カードに印刷されていたりタグ状のプレートに刻印してあり、錠前メーカーによりその形態は異なりますが、封印され内容が見えない状態のID番号がオーナーにのみ手渡されるシステムは、各社共通です。入居者はそのID番号の存在を知らない上、そのID番号を万一オーナーが失くしてしまうと、オーナーですら後からメーカーにID番号は確認できない万全なセキュリティ体制が構築されております。( 入居者がオーナーに成りすましそのID番号を聞き出すことを防ぐため )

そのカードやタグはカギとして使えないので、オーナーが保管していても普段の使用には何の支障もきたしません。実際にカギを使用している入居者は、そのカギをオーナーの許可なく勝手に複製できないため知らない間に合鍵を持たれる心配もありません。賃貸住宅をお持ちのオーナー様にも是非、お知らせしたい情報です。

 

ただし、今お使いのカギをそのまま後から認証IDシステムに変更することは残念ながらできません。

ドア側の錠 (シリンダー) ごと交換が必要となりますので、詳しくは組合員のいる店舗までご相談下さい。

 

※製品情報に関しては、インターネットにて「 認証ID   カギ 」というキーワード検索をお試しください。

 

 

  • ノムラテック
  • アイホン
ページトップ