防犯コラム

知って納得☆カギのお話 知ってますか!? カギ穴のお手入れは専用スプレーじゃなきゃダメなんです!!

皆様が毎日、使用しているカギの抜き差しがしづらくなったり回転させにくくなったら、それはお手入れのサインです。
カギとカギ穴にあたるシリンダーは金属部品なので、金属同士が擦れあう事で表面が傷つき摩耗します。それが進行するとやがて正常に作動しづらくなるので、そうならないようにそれぞれの部品には潤滑剤が塗布してあります。その潤滑剤として最も広く使用されているのは黒鉛です。そう、皆様も身近な鉛筆の芯がこの黒鉛でできてます。あんな真っ黒な材質がなぜ潤滑剤に!?と驚かれる方も少なくないと思いますが、黒鉛の主成分はグラファイトと呼ばれる炭素原子で、最固い物質として有名なダイヤモンドも同じく炭素原子により構成されている事も有名ですよね。その黒鉛の粉が金属面上においてボールベアリングのような効果を発揮し、金属面同士の摩擦を軽減させてくれるのです。
 
ただし黒鉛は潤滑油のようにスプレーして浸透してくれないので、その追加塗布が難しいのが欠点です。だからといって、市販のオイル成分スプレーをカギ穴に吹いてしまっては絶対ダメですよ!! オイルスプレーは石油などの鉱物系や植物性、さらにシリコンオイルなど様々な成分の長所を活かした製品がありますが、これら油成分がシリンダー内に入り込むと不具合が発生してしまう確率が高いのです。その理由として、日々使用しているうちに少しずつ金属面が削れ、非常に細かい金属粉がシリンダー内に滞留します。それに加え、風などにより些細な塵や埃がカギ穴に入り込むため、シリンダー内は想像以上に塵や埃でいっぱいです。そこに油を入れてしまうと、油と埃が混ざり合い内部で固着してしまうのです。ちょうど、信玄餅などのきな粉餅に黒蜜をかけると蜜ときな粉が混ざり合い、やがてベトベトになるのによく似ています。
 
よってカギ穴には専用スプレーが必要で、さらに細かく説明しますと、シリンダーの型式により適した成分があるのです。シリンダーの構成上、内部部品が板形状で重なっているロータリーディスクシリンダーなどは金属面同士の摩擦が多いため、先の黒鉛やボロンなどのホウ素化合物粒子を塗布することが望ましく、各メーカーから発売されている専用スプレーも吹き付けると白い粉上の成分が含まれている事が判ります。それに対し、ディンプルキーのほとんどが採用している多列式ピンシリンダーの場合は、フッ素化合物のような表面に被膜を維持させるための潤滑剤が適しています。その理由として、ピンタンブラー式シリンダーはプラグと呼ばれるカギ挿入部とそれを保護する外筒に装着されたピンタンブラーとのクリアランスが非常に狭いため、ディスクタンブラー式のシリンダーと比較するとより細かい粒子状の潤滑剤を薄く均一に塗布する事が求められるためです。フッ素加工は、フライパンの焦げ付き防止や虫歯予防まで幅広く利用されている事は皆様もよくご存知ですね。最近では、そのどんなシリンダーにでも利用可能なマルチタイプ万能スプレーも販売されています。当組合で販売している「JLスムーサー」もそのマルチタイプで、主成分はフッ素樹脂です。どのメーカー品にでもご利用いただける万能スプレーなので、お近くの組合員のいるお店で是非、お買い求め下さい。

  • ノムラテック
  • アイホン
ページトップ